カウルの交換

別に黒/灰に飽きてしまったわけではないし、キズがあるわけでもないが、ひょんなことから2000年モデルの赤/灰の色つきパーツが安く手に入ったので、交換。

 何を隠そうこのパーツは、ヨシムラが隼X−1を製作する際に不要となったものです。

部品一覧

アンンダーカウル外す。こぶも外す。

スクリーン、カウリングボディ(顔)外す。
エアーダクトも外す。(無残...)
フロントフェンダーも外す。
フレームカバーも外す。
逆順で、パーツを取り付けていく。
(タンクは、また後日)
タンク以外取替え完了。


燃料タンクの取替え


燃料タンクの取替えはかなり素人(←私含む)には厄介。燃料を抜く要領がわからず、どぼどぼこぼすことになりました。。
(後にサービスマニュアルを読んで愕然とする。燃料を止める蓋が、実はリアフェンダーの工具のすぐ後ろにあるなんて。イボが2つあります。)
タンクを外すときは、成るべく空に近い状態で燃料を抜き、車かなんかに移してしまうのがいいでしょう。

もうひとつの問題は、フューエルゲージ(タンクないの浮き)が、’99モデルと’00モデルで互換がない点。コネクタの形状と信号は共通ですが、タンクに取り付ける際のプレートが全く形状が異なるため、取り付けることができません。これは、部品を取り寄せる以外方法がありませんでした。



’00モデルに変身!!